オーダーメイドバッグ・オリジナルバッグなら、オーダーメイドバック工房にお任せください!

運営:株式会社エーリンクサービス
受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)
0778-42-8261
info@ombag.jp

素材について

お客様のご要望する素材をご選択ください。
自動お見積もり対応可否については、下記のページを参照ください。
自動お見積もり対応表

  • コットン
  • キャンバス
  • ポリエステル
  • 不織布
  • デニム
  • エナメル
  • コットン

    生地特徴

    コットン生地の特徴
    コットンシーチング

    薄手の平織りコットン生地となります。一般的には、無漂白の木綿生地となり、本来の木綿に混入される茶色のつぶを含んだ薄手平織り木綿生地となります。
    トートバッグ、エコバッグでよく使用されるものは、4オンス前後のものであり、コストが安いため、布製ノベルティなどに使用されるバッグでは一番流通量が多い生地となります。厚み感としては、ベッドのシーツ程度となります。

    コットンツイル

    コットンを100%使用した、綾織りで仕上げた生地で、生地厚としては、6オンスとなります。綾織りとは織組織の一つで、タテ糸が2本もしく3本のヨコ糸の上を通過した後、1本のヨコ糸の下を通過することを繰り返して織られものとなり、凹凸により斜めにラインが入ったような見た目となります。
    オンスとは?

    厚み 原材料 写真 説明 素材のメリット
    繊細な
    印刷
    コストを抑制 丈夫で厚みのある
    素材
    4オンス
    シーチング
    コットン
    100%
    コットン4オンスシーチング
    画像クリックで拡大
    糸の交差点が多いため、硬めのものや張りのあるものになり易いですが、しっかりとした織物にも仕上がります。摩擦に強く耐久性に優れ、頑固さが特徴です。  
    6オンス
    ツイル
    コットン
    100%
    コットン6オンスツイル
    画像クリックで拡大
    平織りに比べ光沢があり、柔らかでしなやかな風合いがあり、伸縮性に優れ、シワがよりにくい等の利点があります。    
    8オンス コットン
    100%
    コットン8オンス
    画像クリックで拡大
    糸の交差点が多いため、硬めのものや張りのあるものになり易いですが、しっかりとした織物にも仕上がります。摩擦に強く耐久性に優れ、頑固さが特徴です。4オンス生地よりもグレードを上げたいという場合によくご利用いただいております。    

    ※生地厚みにつきましては、仕様書に沿った厚みでの生産となりますが、ロット、製品により多少のばらつきが発生しますので、予めご了承ください。

    ※生地感について、特にコットン素材の生地につきましては、綿花ロット、糸ロット、生地ロットにより、色味、生地感が多少ばらつきが発生しますので、予めご了承ください。

    印刷について

    地表面が滑らかであるため、印刷もかなり細かいデザインまできれいに印刷することができます。印刷に必要な線の太さは、約0.3mm以上となりますが、0.4mm程度あったほうがよいかと思います(細いラインは、カスレの可能性が高くなります)。印刷抜き部(印刷面の中に印刷せずに生地を露出することで柄を表現するところ)については、約0.6mm以上あったほうがよいかと思います(細い抜き部はつぶれの原因となります)。
    ※データをお送りいただければ、当店でチェック致します。

    生地色

    既存色はナチュラルのみです。
    ご希望の色で生地を染色いたします。「DIC」「PANTONE」のカラーNoでご指定ください。
    ※素材色について、特に染色をした場合は、狙いの色と多少の誤差が発生する場合がございます。
    ※ナチュラルは無漂白/無染色、ホワイトは漂白、その他の色は、染色品となります。

  • キャンバス

    生地特徴

    キャンバス生地の特徴

    平織りで織られた厚手の布であり、一般的には綿または麻で織られた布地となります。別名、『帆布』とも呼ばれております。もともと、厚手で丈夫な布、という目的で生産されたものであり、帆船の帆に使用されていたために、『帆布(はんぷ)』と呼ばれるようになったようです。油彩画に使用される『キャンバス』、もこの生地の名前である、キャンバスとなります。
    現在では、エコバッグ、カバン、着物の帯、相撲のまわし、競走馬用のゼッケンなどに使用されています。エコバッグでよく使用されるものは、6~12オンスくらいのもので、まれに13オンスのものなどもございます。厚手であり、高価なバッグにも使用される生地ですので、質感は非常に高いものになります。
    オンスとは?

    厚み 原材料 写真 説明 素材のメリット
    繊細な
    印刷
    コストを抑制 丈夫で厚みのある
    素材
    12オンス コットン
    100%
    キャンバス12オンス
    画像クリックで拡大
    摩擦に強く耐久性に優れ、強固さが特徴です。    
    12オンス コットン
    ポリ入り
    キャンバス12オンス
    画像クリックで拡大
    摩擦に強く耐久性に優れ、強固さが特徴です。ポリエステルを35~50%含むことによりコストを抑えた製品となっております。  

    ※表面の生地感、厚み、色等、ロットにより多少ばらつきかございますので、予めご了承ください。

    印刷について

    厚手となり、表面に小さな凹凸がございますので、あまり細かい印刷は表現ができない場合がございます。印刷に必要な線の太さは、約0.4mm以上となりますが、0.5mm程度あったほうがよいかと思います(細いラインはカスレの可能性が高くなります)。印刷抜き部(印刷面の中に印刷せずに生地を露出することで柄を表現するところ)については、約0.7mm以上あったほうがよいかと思います(細い抜き部はつぶれの原因となります)。
    ※データをお送りいただければ、当店でチェック致します。

    生地色

    既存色はナチュラルのみです。
    ご希望の色で生地を染色いたします。「DIC」「PANTONE」のカラーNoでご指定ください。
    ※素材色について、特に染色をした場合は、狙いの色と多少の誤差が発生する場合がございます。
    ※ナチュラルは無漂白/無染色、ホワイトは漂白、その他の色は、染色品となります。

  • ポリエステル

    生地特徴

    ポリエステルの生地特徴

    ポリエステルは、薄手、厚手、カラフルなものまで、非常に多岐にわたる生地が使用されております。
    当店では、生地厚み200~400D(デニール)を薄手、600D(デニール)以上を厚手としています。一般的に安価で販売されるエコバッグの生地は薄手になります。保冷バッグのように裏側にアルミ張りされている商品などは、実際より厚く感じ られます。
    また、厚手のポリエステルは、非常に強度があり、質感も高く、長くご使用いただけます。ポリエステル生地感は、商品によりかなり違いがございますので、当店のサンプル無料貸し出しサービスをご利用いただき、生地感をご確認いただければと思います。
    デニールとは?

    厚み 写真 説明 素材のメリット
    繊細な
    印刷
    コストを抑制 丈夫で厚みのある
    素材
    210D
    (PU加工)
    ポリエステル210D(PU加工)
    画像クリックで拡大
    薄手のポリエステル素材でコストパフォーマンスの高い生地です。安価でかさばらないため、ポーチタイプのエコバッグによく使用される生地となります。  
    420D/600D
    (PU加工)
    ポリエステル420D(PU加工)
    画像クリックで拡大
    一般的なポリエステル製エコバッグでよく使用される生地となります。強度もあり、PU(ポリウレタン)加工によりある程度の耐水性があります。  
    420D
    (内側PVC加工)
    ポリエステル420D(内側PVC加工)
    画像クリックで拡大
    厚手のポリエステル素材ですので丈夫です。また、裏側はPVC(ポリ塩化ビニル)加工されておりますので多少の雨がかかっても浸透を防ぐことができます。生地の凹凸があるため細かい印刷ですとカスレ、潰れが発生する可能性が高くなります。      
    600D
    (内側PVC加工)
    ポリエステル600D(内側PVC加工)
    画像クリックで拡大
       

    印刷について

    厚手のポリエステルについては、表面に若干の凹凸があるものがございます。このような商品は、あまり細かな印刷が表現できない場合がございます。
    ※データをお送りいただければ、当店でチェック致します。

    生地色

    基本的に色見本サンプルより生地色をご選択いただきます。(全12色)

    ポリエステル生地色サンプル

    ※「その他」を希望されるお客様は、ご連絡ください。生地色の在庫状況により、ご対応できる場合がございます。

    ※生地ロットにより、生地感、色、裏地コーティングの質感など、多少ばらつきがございますので、予めご了承ください。

    ※生地、色によっては、在庫状況により対応できない場合がございます。

  • 不織布

    生地特徴

    不織布の生地特徴

    不織布(ふしょくふ)とは、文字通り『織らない布』で、ポリプロピレン(PP)の繊維を織らずに絡み合わせたシートとなります。非常に軽く、安価で、薄さ、重量に対して強度のある素材となります。焼却してもダイオキシン等の有害物質を排出しないため、環境にやさしいエコ素材として注目されています。その特徴を生かし、ビデオレンタルの際の袋、ショップでの商品包装にもよく使用されています。

    厚み 原材料 写真 生地色 素材のメリット
    繊細な
    印刷
    コストを抑制 丈夫で厚みのある
    素材
    80g/㎡ ポリプロピレン 不織布80g/m2
    画像クリックで拡大
    全18色
    ※下記参照
       
    90g/㎡ 不織布90g/m2
    画像クリックで拡大
    ブラック
    ホワイト
    のみ
         
    100g/㎡ 不織布100g/m2
    画像クリックで拡大
         
    120g/㎡ 不織布120g/m2
    画像クリックで拡大
         
    150g/㎡ 不織布150g/m2
    画像クリックで拡大
         

    印刷について

    表面に凹凸がございますので、あまり細かい印刷は表現できない場合がございます。印刷に必要な線の太さは、約0.4mm以上となりますが、0.5mm程度あったほうがよいかと思います(細いラインはカスレの可能性が高くなります)。印刷抜き部(印刷面の中に印刷せずに生地を露出することで柄を表現するところ)については、約0.7mm以上あったほうがよいかと思います(細い抜き部はつぶれの原因となります)。

    生地色

    生地厚み80g/㎡については、基本的に色見本サンプルより生地色をご選択いただきます。(全18色)
    90g/㎡、100g/㎡、120g/㎡、150g/㎡については、生地色はブラック、ホワイトのみの対応となります。

    不織布生地色サンプル

    ※「その他」を希望されるお客様は、ご連絡ください。生地色の在庫状況により、ご対応できる場合がございます。
    ※生地ロットにより、生地感、色など、多少ばらつきがございますので、予めご了承ください。
    ※生地、色によっては、在庫状況により対応できない場合がございます。

  • デニム

    生地特徴

    10番手以上のタテ糸をインディゴによって染色し、ヨコ糸を未晒し糸(染色加工をしていない糸)で綾織りにした生地となります。コットンで製作され、よくジーンズで仕様されるものとなります。ウォッシュデニムは製品洗いを施し、独特の風合いが特徴的です。

    厚み 原材料 写真 生地色 素材のメリット
    繊細な
    印刷
    コストを抑制 丈夫で厚みのある
    素材
    - コットン デニム
    画像クリックで拡大
    -    

    印刷について

    多少の凹凸がございますので、細かい印刷の場合、カスレ、ツブレが発生する場合がございます。印刷に必要な線の太さは、約0.4mm以上となりますが、0.5mm程度を推奨いたします。印刷抜き部(印刷面の中に印刷せずに生地を露出することで柄を表現するところ)については、約0.7mm以上あったほうがよいかと思います(細い抜き部はつぶれの原因となります)。

    生地色

    インディゴとブラックの2色ございます。

    インディゴ

    インディゴ

    ブラック

    ブラック

  • エナメル

    生地特徴

    エナメルは、ワニスと顔料を混合した塗料のことです。
    本来は布地やレザー、ビニールの表面に張りつける塗膜のことですが、エナメル加工したアイテムを総称してエナメルと呼ばれることが多いです。独特のつややかな光沢と硬質感が生み出され、素材の持つ色あいを鮮やかに引き出す加工方法で、防水性にも優れています。

    ※エナメルの特性上、ご要望の縫製方法が対応できない場合かございます。

    ※表面に光沢がある素材ですので、取扱い、輸送中の表面摩擦などにより、光沢感にバラつきが発生する場合がございます。

    厚み 原材料 写真 生地色 素材のメリット
    繊細な
    印刷
    コストを抑制 丈夫で厚みのある
    素材
    - - エナメル
    画像クリックで拡大
    全13色
    ※下記参照
         

    印刷について

    地表面が滑らかであるため、印刷もかなり細かいデザインまできれいに印刷することができます。印刷に必要な線の太さは、約0.3mm以上となりますが、0.4mm程度あったほうがよいかと思います(細いラインは、カスレの可能性が高くなります)。印刷抜き部(印刷面の中に印刷せずに生地を露出することで柄を表現するところ)については、約0.6mm以上あったほうがよいかと思います(細い抜き部はつぶれの原因となります)。
    ※データをお送りいただければ、当店でチェック致します。

    生地色

    基本的に色見本サンプルより生地色をご選択いただきます。(全13色)

    エナメル生地色サンプル

    ※「その他」を希望されるお客様は、ご連絡ください。生地色の在庫状況により、ご対応できる場合がございます。
    ※生地、色によっては、在庫状況により対応できない場合がございます。

トップに戻る