オーダーメイドバッグ・オリジナルバッグなら、オーダーメイドバック工房にお任せください!

運営:株式会社エーリンクサービス
受付時間 10:00~18:00(土日祝除く)
0778-42-8261
info@ombag.jp

デザインデータ入稿について

データ入稿方法

データ入稿に関して、「メール添付入稿」と「メディア送付入稿」の2種類をご用意しています。

お客様のご希望の入稿方法をご選択ください。

メールでの入稿

①メール添付入稿

【5MB未満のデータの場合】
 直接『info@ombag.jp』へお送りください。

【5MB以上のデータの場合】
 無料データファイル転送サービスをご利用ください。

データ便Firestrageおくりん坊
郵送での入稿

②メディア送付入稿 ※必ず事前にご連絡ください。

印刷に必要なデータのみをDVD・CDなどにコピーしてください。
お送りいただく際は以下の送付先までお送りください。

【データ送付先】

 社名:株式会社エーリンクサービス

 住所:〒916-0041 福井県鯖江市東鯖江3丁目4-2 ことぶきビル2F

 TEL:0778-42-8261

データの種類(対応アプリケーション)とデータ作成時のご注意点

できるだけ、Illustrator(AI形式)のデータでご入稿ください。

Illustrator(AI形式)以外でのご入稿の場合、画像が粗くなる可能性がございます。

Illustratorでのご入稿が不可の場合、Photoshop、PDF、JPEG等からのご入稿の受付も可能です。

その場合は、できるだけ解像度の高いものをご入稿ください。

対応アプリケーション
アプリケーション バージョン(日本語版) 保存形式 注意点
illustrator Illustrator 5.5 / 7 / 8 / 9 / 10
CS / CS2 / CS3 / CS4
CS5 / CS5.1 / CS6
ai形式

eps形式
  • デザインはすべてパス化をお願いいたします。
  • 文字は必ずアウトライン化をお願いいたします。
  • 2色以上の印刷データは、色ごとにレイヤーを分けて作成ください。
Photoshop photoshop 5 / 5.5 / 6 / 7
CS / CS2 / CS3 / CS4
CS5 / CS5.1 / CS6
psd形式

eps形式
  • 解像度350dpi以上、モノクロ2階調で作成お願いいたします。
  • ご指定のフォントが当店にない場合、パス化する際に若干粗くなる可能性がございます。
  • 2色以上の印刷データは、色ごとにレイヤーを分けて作成ください。
PDF PDF - pdf形式
  • アウトライン化されていないフォントの場合、フォント名でのご指定をお願いいたします。
    ※こちらにご指定のフォントがない場合は、類似フォントでのご対応となります。
  • フォントサンプルはこちら
JPEG
PNG
GIF
JPEG

PNG

GIF
- jpg形式

png形式

gif形式
  • できるだけ解像度の高いデータでご入稿ください。
エクセルファイル
ワードファイル
パワーポイントファイル
Excel

Word

Powerpoint
2003/2007
2010/2013
xls形式

xlsx形式

doc形式

odp形式
  • フォント名でのご指定をお願いいたします。
    ※こちらにご指定のフォントがない場合は、類似フォントでのご対応となります。
  • フォントサンプルはこちら
  • 画像を貼りつける場合は、解像度の高い画像を使用してください。

すべてのデータ共通のご注意点

  • シルク印刷の場合、印刷部0.4mm以上、ヌキ部(印刷と印刷の間)0.6mm以上になるように作成ください。それを下回りますと印刷潰れや、カスレ等が起こる可能性がございます。
  • シルク印刷の場合、印刷色は、DICまたはPantoneでご指定ください。CMYKやRGBでご入稿いただいた場合、こちらで類似色を選ばせていただきます。
  • シルク印刷の場合、どの形式のデータも、最終的にIllustratorのパスデータにする必要がございます。パス化されていないデータでご入稿の場合、こちらでパス化を行いますが、データ変換の際に多少粗くなる可能性がございます。

フォントのアウトライン化について

Illustratorのデザインでフォントデータがある場合、必ずアウトライン化してご入稿していただく必要があります。

アウトライン化とは

アウトライン化されていないデータと、アウトライン化されたデータは、Illustratorで選択すると次のように表示されます。

アウトライン化

①のアウトライン化されていないデータは、テキストが編集できる、という利点はありますが、それぞれのパソコン端末にインストールされたフォントに依存して表示されますので、パソコンによってフォントが変わる場合があります。
②のアウトライン化されたデータは、画像としてのデータとなりますので、テキストとして編集はできなくなりますが、どのパソコン端末で表示されても同じフォント(デザイン)で表示されます。
よって、アウトライン化されたデータでご入稿いただければ、印刷で仕上がったもののフォントが、お客様の思っていたフォントと違う、という問題を回避することができます。

アウトラインの方法

  1. ①すべてのレイヤーのロックを解除する
    フォントを含むレイヤーやオブジェクトがロックされていないか確認し、ロックされている場合は解除します。

  2. ②フォントを選択する。
    オブジェクトを選択します。複数のテキストデータをまとめてアウトライン化したい場合や、テキストのオブジェクトがうまく選択できないなどの場合は、すべてのデータを選択していただいても結構です。

  3. ③アウトラインの実行
    オブジェクトが選択されている状態で、『書式』⇒『アウトラインを作成』、または『文字』⇒『アウトラインを作成』を実行すれば、テキストデータがアウトライン化されます。
    ※イラストレーターバージョンにより多少異なります。

  4. ④アウトライン化されていないテキストデータがないか確認
    『書式』⇒『フォント検索』または、『文字』⇒『フォント検索』により、アウトライン化されていないフォントデータが検索できます。ひとつも検索されなければ、アウトライン化されていないフォントデータはないことになります。
トップに戻る